「恋のロンドン狂騒曲」

Woody wanted to take a Sexy girl!

恋のロンドン狂騒曲」:評価75

監督:ウディ・アレン、出演:アントニオ・バンデラス、アンソニー・ホプキンスetc

 


 「マッチポイント」「夢と犯罪」とロンドンでは詰めたい作品を撮ってきたウディ監督。でも他の国では、暖かくセクシーな女性を撮ってきたからロンドンでも暖かいセクシー女性を撮りたくなったのだろうと見受けられた。

 ウディの欲望に身を任せる形で撮ったためか全体的に、「To Rome with Love」とか、同じく老人の珍事を描いた「人生万歳!」に比べるとギャグに切れがない気がした。しかし、ある一家それぞれの不倫描写がユニークかつシニカルな笑いを誘った。特に老人族の不

 若さに目覚めて、自分の老いを認めずに突っ走るじいさんに愛想を尽かしばあさんは離婚する。しかし娘からじいさんの新しい恋人がグラマラスな人だと聞いて、ただでさえ離婚のショックから立ち直っていないのにこのセカンドインパクトによって頭がおかしくなる。一方、じいさんは若いこと付き合ってみたが知力面でも世代面でもギャップを感じる。でも無理をしてまで頑張るからグラマラスな女が困惑する。

 この構成が良かっただけに、娘とその夫の不倫関係の切れのなさにちとがっかりした。それにしても最近のウディはこの手の作品ばっかり作っているけど、いつも飽きさせない作りをしていて面白いなと感じる。この作品が気に入った方ならきっと次回公開作「To Rome with Love」も気に入るだろう。

倫の描き方が上手かった。

↓↓公式サイト↓↓

http://koino-london.jp/