「サイタマノラッパー SR3 ロードサイドの逃亡者」:自宅にて

8mileを超えた(距離的にもw)傑作

「サイタマノラッパー SR3 ロードサイドの逃亡者」:評価95点

監督:入江悠 出演:奥野瑛太、駒木根隆介etc

 

(ラップで解説してみるぜ♪)

 

一作目でレッテル貼ったぜ、さえないSHO-GUN「ださいたま」。

TOKYOでは逃げマイティ、一人逃げたぜマイティ!夢を逃すマイティ。

しかし、前にはカースト、さえない自分。絶望、敗北、劣等感。

マイティ逃げる。泣ける叫び。叫びが俺の心泣かす。

彼の見つけた新天地、栃木県。埼玉の隣県(となりけん)。

交差する運命SHO-GUNとマイティ。SHO-GUNは強くなったティ。

征夷大将軍とSHO-GUN、思わぬ援軍、クールなラップ。

見猿、言わ猿、聞か猿、てゆーか見てる、言ってる、聞いてる(笑)。

そんな彼らの革命、inな栃木県。開場湧かす、俺湧かす。

TOKYOの極悪倒すクールなラップ。「ださいたま」から「すげいたま」。

あの頃から変わるキレあるミュージック。SHO-GUN魅せるソウルトゥソウル。 

そして、なんとなんとキネ旬ベスト11(イレヴン)。夢売るふたりに迫るふたり(注:SHO-GUNはふたりラッパーである)。

大林、入江悠惜しかった俺の心に響く悲しきランク。

次に期待俺観たい、彼らのソウル俺感じたい!

 

P.S.昨年、「ふがいない僕は空を見た」「かぞくのくに」同様観忘れた自分を悔やんだ作品でした。もしこれらを観ていたら「映画館で観たmy邦画ランキング」は以下のようになっていただろう(多分、試写会ものは[除く]扱いにしたな)。

1位:この空の花 長岡花火物語

2位:劇場版魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語

3位:桐島部活やめるってよ

4位:サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者

5位:魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 2nd A's

6位:かぞくのくに

7位:テルマエロマエ

8位:夢売るふたり

9位:ふがいない僕は空を見た

10位:悪の教典