「アンコール!!」:TOHOシネマズシャンテにて

ばっばあちゃんが極悪レミーを歌っている!

「アンコール!!」:評価95

監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ 出演:テレンス・スタンプ、バネッサ・レッドグレーブetc

 

 老人達がロックに親しむ様子は数年前に公開された、「ヤング@ハート」と言う映画でフィーチャーされていた。それ故に、特にその映画を観た私としてはフィクションと現実の臨場感の差でこの作品にゲンナリするかと不安を抱いていたが、そんなものどこ吹く風、ストーリーも曲もいかしていたぜい!

 なんたって、この作品のばあさんはモーターヘッドを歌うんだぜ!私のiPodに入って愛聴している「Ace of Spades」をじいさんがヘビメタ格好でノリノリで歌い、エアギターまでかますのだ!クールな老人集団だ。しかも次に歌うのがSalt-N-Pepaの「Let's Talk About Sex」セックスの話をしようぜと歌い始める。ちょい待て!彼らが歌っている場所は、赤ちゃんも集まる平和な公園。なんてアヴァンギャルドなんだ。しかも、子連れのオーディエンスもノリノリで聴いているではないか。なんて平和なんだ。

 そして、テレンス・スタンプ扮する頑固なおじさんのツンデレっぷりにきゅんとする。彼は妻に対して、音楽の先生に対して超ジェントルマンなんだぜ!でも前衛音楽に馴染めないから、音楽教室の外でずっとまっている。ちょい悪息子に対して叱責するものも、叱責に失敗すると何かと理由を付けて去って行くこの「やさお」と「ツンデレ」の演技がめちゃくちゃ上手かった。しかも、彼の歌うビリー・ジョエルの「Goodnight My Angel」の透き通るメロディに感動した。時代劇並のキレ味だったぜい!

 ストーリーは展開が良い意味ではやい。そして、この手の映画はマンネリ化の一途をたどっているため映画ファンとしてはある程度予想できてしまうのだが、そこを残り10分で勝負を仕掛けることで予想だにしない大会結果をたたき出していた。

 平和でユーモラスなおばあちゃん達に勇気づけられた作品だった。

 そして、ネタバレになっている原題を「アンコール!!」と邦題を付けることで回避させた人に感謝である。