「そして父になる」:新宿ピカデリーにて

二項対立は激しく静かに...

「そして父になる」:評価95

監督:是枝裕和 出演:福山雅治、リリー・フランキーetc...

 

 自分の愛情持って育てた子が、自分の子どもでないと知ったらどう感じるか?もう6年も育てたら愛着がついてしまっている。そんな子どもを別な子どもと交換するなんて正気の沙汰ではない。そう、この話は二項対立を巧みに使ってそのジレンマ克服の旅路を観察していく話なのである。しかも、「誰も知らない」に比べるとユーモアを含ませてくるから観客は重すぎず尚且つ泣けるこの作品に触れることができよう。

 そして、この二項対立が細かい伏線を沢山入れることで感情の複雑で微妙な揺れ、そして和解までの経緯を繊細に演出していた。例えば、福山雅治扮するエリートサラリーマン家庭リリー・フランキー演じる競争社会とは無縁の自由人家庭がフードコートで会食するシーン。エリートサラリーマンの本当の子を彼は観察する。その子はストローをかじる無礼な作法をとる。不満な顔を浮かべる彼。次のショットではリリー・フランキーがジュースを飲んでいる。彼が飲み終わると、彼のストローもかじられていた。奥には子どものかじったストローが見え隠れする。また、別なケースではギターを使ってエリートサラリーマンが段々相手家庭の文化に歩み寄るシーンを演出する。電車内の陰影を使って、奥さんの葛藤を表現するなどなど高度なテクニックが多用されていて、最近動画作りに嵌まっている私のインスピレーションをわかせてくれました。

 ストーリーに関しても非常に濃い展開が待ち受ける。競争社会を勝ち抜いてきた男が、最初は裁判の主導権を握って相手の家庭をもコントロールしようと思っていたが、段々子どもや奥さんまでもが相手の家庭と親しくなってしまい孤立していく様子。子どもを取り替えたが良いが、この難しいジレンマに対して「どうして?どうして?」と訊く相手の子ども。実は、血は繋がっていた。サラリーマンの性格と繋がっていたのである。

 果たして、遺伝とはなんなのだろうか?6年もある家庭で育ったら、その家庭の文化に馴染んでしまう。もし本当の親が違っていたとしても、普通の家庭のように愛情たっぷり育てられたらプラシーボ効果のようにその家庭の文化・世界観を遺伝する。それ故に、子どもを交換して決着を付けようとする病院の安易な考えに憤りを感じた。そして、本当にこの事実を知らせた方が良かったのか?知らせたからこうも大惨事になったが、知らなかったら平和に子育てできたのでは?と考えれば考えるほど、難題ジレンマがわき出してきて切なくなった。

 そんな、奥深い作品故にラストの逃げ腰なストーリーテリングが非常に残念だった。少年とサラリーマンが二人で歩くシーン。普通に立ち止まって無言のハグで演出するだけで「和解」は表現できたのではと感じただけに残念だった。今年の外映画邦画部門はこれを1位にするか「横道世之介」を1位にするか迷うな~